三次市へ災害備蓄用の液体ミルク寄贈

三次市へ災害備蓄用の液体ミルク寄贈

令和元年5月16日、三次市へ災害備蓄用の液体ミルク寄贈2,160缶を寄贈いたしました。
昨年夏の豪雨災害の経験を活かし、避難生活を想定した備蓄の重要性および、そのような状況下において優先すべきは幼い子供やお年寄りといった生活弱者の支援が重要と考えました。また平成30年末に日本で初めて液体ミルクが販売認可を受けたというニュースもキッカケとなりました。
弊社は地域に密着した生活環境サービス企業として、微力ながら地域の皆様へ感謝の気持ちを込めて、地域のお役にたてる事を今後も可能な限り続けていきたいと考えております。

トップへ