浄化槽をお使いの方へ

浄化槽にやさしいライフスタイル

浄化槽は水質基準が満たされるよう設計されていますが、使用方法によって、水質の悪化や臭気、浄化槽内の詰りなど悪影響を及ぼすことがありますので、留意点としていくつか挙げました。
手間が掛かりますが、その一手間で私たちの自然が守られますよ。

台所排水対象:小型合併処理浄化槽

台所排水

  • 固形物・くず等は、三角コ-ナ-や排水口にネットなどを設置して除去しましょう。また、固形物・くず等が入った三角コ-ナ-には、高濃度の汚水が排出される為、お湯をかけないでください。
  • お皿や調理器具の汚れは、キッチンペ-パ-やいらない紙(新聞紙など)で拭き取ってから洗いましょう。
  • 油は、浄化槽にとって天敵です。使用済みの油は、市販の廃油処理剤(凝固剤)等により可燃ごみとして処分しましょう。

洗濯排水対象:小型合併処理浄化槽

洗濯排水

  • 粉石鹸は環境に優しいと言われてますが、洗剤は出来るだけ中性のものをご使用いただき洗剤メ-カ-が指示する適量でお願いします。
  • 塩素系漂白剤は適度な使用を心がけて下さい。台所の漂白剤同様、大量に使用しますと浄化槽の微生物に悪影響を及ぼすことがあります。

風呂排水対象:小型合併処理浄化槽

風呂排水

  • カビ落とし剤を使用した場合は浴槽の残り水を流しながら、さらにシャワー等で洗い流して下さい。(希釈されることにより、微生物への影響が小さくなります)
  • 浴槽の残り水を排水する際は、排水栓(ゴム栓)を半開きにして、少し時間をかけてゆっくりと排水するようにして下さい。
    特に流量調整機能のない浄化槽の場合は、一度に大量の排水があると汚水が未処理のまま浄化槽を通過することがあります。

トイレ排水対象:小型合併処理浄化槽 / 単独処理浄化槽

台所排水

  • トイレットペ-パ-は多量の汚泥発生の原因となりますので適度に使用してください。水に溶けない物(ティッシュペ-パ-や衛生用品、紙おむつ等)は配管等の詰まりの原因となりますので別途廃棄処分として下さい。
  • 便器の清掃には中性の洗剤を適量使用し、なるべく塩酸系洗剤は使用しないで下さい。
  • 犬・猫等の排泄物は流さないで下さい。所定の処理能力を発揮できないことがあります。
    ※特にウサギの排泄物には殺菌性があり、微生物に悪影響を及ぼしますので、決して流さないで下さい。
お問い合わせはこちら

本社 〒728-0016 広島県三次市四拾貫町48-2

FAX(0824)63-1190
メールでのお問い合わせ
トップへ