ごあいさつ

代表取締役 松浪 俊博

感動・共感を与える環境創造サービス

世界的に環境問題がクローズアップされる昨今、人間の生活が豊かになる一方で地球環境は危機的な状況に追い込まれています。人々が生きていく上で心身ともに豊かな生活を求めることは決して悪いことではありません。しかしながら大量生産・大量消費による“経済”を優先し、それらを長年に渡り下支えしてきた“地球環境”が悲鳴(資源枯渇・海洋プラスチック・温暖化・森林破壊etc)を上げようとしています。
また、日本国内に目を向けると2050年頃に向けて著しく人口減少が加速するともに超少子高齢化社会(労働人口減少)の到来という2重の問題を抱え、「社会が縮む」という時代に向けて、昭和から平成時代に積み上げ、経験した社会の仕組み・知識・文化・価値感といったライフスタイルが通用しない時代に突入しようとしています。
これからは地球環境の再生・維持と豊かな暮らしづくりを両立させる為に、「環境・社会・経済の統合的向上」に、人々の知恵と情熱を注ぐ必要があり、このような時代の大転換期において、その実現の為に私達一人ひとりが改めて「パラダイムシフト(考え方や価値観の変革」して、「何が出来るか?」「何をすべきか?」を考え、行動する時に来ています。

私達、(株)三次衛生工業社は昭和30年創業以来、ひたむきに環境事業に取り組んできました。私達は「環境・社会・経済の統合的向上」の為に、単に環境事業活動を行うだけではなく、その活動が人々に感動・共感をもたらす様なサービスを提供する事をモットーとしています。
私達の活動が、関わるあらゆる人々に対するメッセージとなり、私達のみならず、お客様や地域の方々一人ひとりが「地球環境問題」や「地域社会の共生」に目を向け、その大切さを実感・共感して頂き、大きなムーブメントになれば、地球環境や地域社会の向上につながると確信しております。このような「環境・社会・経済の統合的向上」に向けて、これからの世界・日本・そして地域の人々が心身ともに豊かに共存共栄する社会づくり貢献することが㈱三次衛生工業社の使命であると考えております。

株式会社 三次衛生工業社

代表取締役 松浪 俊博

トップへ